インコにとって危険物…ネイル・マニキュア好き飼い主がメーカーに聞いてみて出した結論

ころみっくすブログセキセイインコ

みなさん、こんにちは!
セキセイインコ大好き人間!
ころみ♪(@koromiiiii)です

ここ最近…Twitterで「インコを飼い始めてネイルするのを止めた」と言うツイートを何度か見かけました

正直…びっくりしました

なぜなら私はインコもネイルも大好き人間

私にとってはかなり考えさせられるツイートだったんです

ネイルポリッシュはインコにとって危険物だなんてもちろん知っています

なので私なりにインコの安全性を考えて対策し、ネイルを塗り続けてきました

「止める」なんて思った事なかった…

はたして私がしている対策で大丈夫なんだろうか…

インコがいるのにネイルを塗っている私は飼い主失格なんだろうか…

  • インコの為にネイルを止められるか?
  • ネイルを塗りたいからインコ飼い止めるか?

こんな難しい二者択一今まであっただろうか…

 

すごくモヤモヤするので、自分のこの気持ちに決着をつけたいと思い、ネイルメーカーさんに問い合わせしてみました

そして結論出しました

今日はその経由を記事にしたいと思います

ネイル塗りたいけどインコがいるから不安…と思われている方のご参考になりましたら幸いです

ネイルポリッシュ以外に気を付けている事も加筆しました

それではお読みください~

スポンサーリンク

ネイルを止めたくない理由

子供の頃…自分の大きな手が少しコンプレックスでした

夫よりも大きいです(笑)

小学生の頃、からかわれた事があって気にしていました

大きくて目立つので少しでも手を綺麗にしておこう…と思い、中・高校生時代は「爪磨き」で爪をツヤツヤに磨いたりしていました

ネイルは短大に入ってから塗り始めました

綺麗に塗れたり友達に褒められると嬉しくてどんどんハマりました

 

尊敬していた短大の美術の先生が「ころみさんの手はとっても素敵だね」と褒めてくれた時がありました

卒業式の時にも先生が握手して「ころみさんの手、忘れないよ」と言ってくださり、それ以来手に対するコンプレックスはなくなりました(笑)

単純~~

就職先は服装髪型なんでも自由な会社だったので、ネイルも毎日していました

ネイリストさんとお仕事をした時、ネイルモデルとしてお手伝いさせてもらう機会がありました

それを機にネイルについてもっと学びたい!と思いネイリスト学校へ短期間ですが通った事もあります

 

あ、話ちょっとそれますけど…ネイリスト学校で学んだ用語なんですが

マニキュアとは…

→手のお手入れ全般の事。ハンドケアや甘皮処理も含む

ポリッシュとは…

→「塗料」の事。爪に塗る塗料は「ネイルポリッシュ」

ちなみに~爪と指の間に肉というか…皮?がありますね(無い方もいらっしゃいます)

あれ「ハイポニキウム」って言うのご存じでしたか?

ハイポニキウムがあると爪のピンクの部分が増えるので、自爪が大きく見えます

「ハイポニキウム」って響きがかわいくてなんだか覚えちゃってます

 

おっと…本題に戻ります!

私は絵を描いたり色を塗ったりすることが好きです

爪の形を整え、何色にするか考え着色する…

絵を描くことに似ています

爪にポリッシュを塗っている時は無心になれる

仕事や子育てに追われる日々の中で私にとってネイルする時間は「息抜き」であり「趣味」

良い気分転換なんですよ~

なのでジェルやスカルプも経験ありますが、セルフネイルが好きです

お友達が来たら塗ってあげたりもしていました

 

爪って何をしてても自分の視野に入ってきますよね

「色」にはパワーがあると思っています

爪が好きな色だとウキウキするんです

ネイルを塗るのは自分だけの為

完全なる自己満足の世界!

自分が良い気分でいられるポイントの一つなんです

 

ネイルを塗ることがいかに好きか、長々と書きましたが~

私にとってネイルはこれからも続けたい「大好きな趣味」である事、わかっていただけましたでしょうか?

しょうがない、止めよう…と簡単に思う事ができないんです

スポンサーリンク

インコが好きな理由

鳥はなんでも好きですが中でもセキセイインコが大好きです

一生飼い続けたいと思っています

インコについての記事はいくつか書いておりますので、読んで下さったら私がどれだけインコ好きかわかっていただけると思います

セキセイインコの魅力!飼うとわかる楽しさとメリット12の事 前編
セキセイインコの魅力やペットしてインコを飼うことのメリット。ビジュアルのかわいさ・美しさ、性別や個体によって違う性格について、7歳からインコを飼い続けているころみ♪がお伝えいたします。
セキセイインコの魅力!飼うとわかる楽しさとメリット12の事 後編
セキセイインコの魅力やペットしてインコを飼うことのメリット。おしゃべりや芸、インコ臭、どんな人にオススメか、役立つ飼育本、初心者さんにオススメの性別など…7歳からインコを飼い続けているころみ♪がお伝えいたします。
セキセイインコを飼う前に知っておきたい10の事 デメリット・大変な事
セキセイインコを飼う前に知っておいて欲しい10の事。デメリットや大変な事。呼び鳴き、噛み癖、費用、性格、フン、寿命、発情、暑さ寒さ対策、旅行の時の預け先…などをまとめています。
どんなインコ飼ってきた?セキセイ・文鳥・コザクラ・ボタン 私のインコ遍歴
7歳の頃からインコを飼い続けている私が、今までにどんなインコを飼ってきたか。文鳥・セキセイインコ・コザクラインコ・ボタンインコ…インコの性格も絡めてまとめました。

ネイル塗りたいからインコを飼うのやめよ…なんて容易く思えません(泣)

ネイル・マニキュアがなぜインコにとって有害なのか

ネイルポリッシュにはインコにとって有害な化学物質が含まれています

爪に塗るとその物質が揮発します

揮発」という言葉…よく耳にしますが改めて意味を調べてみました

揮発→液体が常温において表面から気体になること

つまりネイルを塗るとインコに危険な物質が気体となり、目には見えなくなるけど部屋に広がると言う事ですね

ポリッシュを落とすときに使う「除光液」も同様です

昔…炭鉱場にガス探知機の代わりにカナリアを使っていたというのは有名ですよね

インコは有害なガスに敏感という事ですね

インコに考慮したネイルの塗り方

私はネイルを塗るとき、インコがいる部屋では塗りません

今飼っているPOPは常時2階のリビングにいるので3階の部屋で塗っています

そこでももちろん換気しています

ネイル用品も2階ではなく3階に置いています

夜寝る前に塗ると、朝起きた頃には完璧に乾いています

もちろんネイルした爪をPOPに噛ませるような事はさせません

この塗り方…インコにとって大丈夫なんだろうか…

私が知りたい事

ネイルポリッシュが液体の状態や塗って生乾きの時…これは明らかに良くないですよね

今まで「完璧に乾いた状態」だったら大丈夫だと思っていました

実家でインコを飼っていた頃から私はネイルを塗っていました

今までネイルのせいでインコに異常が見られたり、死んだことはありません

だけど不安になってきました…

ひょっとしたら私の思い込みかもしれない…

ネイルポリッシュは乾いても有害物質を揮発し続けるのだろうか?

これが一番知りたい!

もし揮発し続けるのなら…まずいですね…

指にPOPを乗せる時もあるし…

ネットで調べてもあいまいな表現しかみつけられない

それでメーカーさんに問い合わせてみようと思いました

メーカーに問い合わせてみた

私が一番愛用しているネイルポリッシュのメーカーさんにメールを書きました

インコのいない部屋でポリッシュを塗り、完全に乾いた状態ならばインコに危害はありませんか?

という内容です

メーカーさんからはすぐにお返事をいただきました

以下要所を引用します(メーカーさんの許可を得ています)

マニキュアに一般的に使用されている有機溶剤が、インコなどの小鳥にとって有害となる可能性が愛鳥家の方々の間で、指摘されております。

ネイルを乾かす間に揮発する有機溶剤の蒸気を吸ってしまうことや、乾燥していないネイルそのものを食べてしまうことなど、体の小さい小鳥にとっては、特に影響が心配されるかと思います。

これらの溶剤は、ネイルが固まる段階で殆どが揮発します。

よく乾燥させた後であれば、蒸気による毒性は特に問題ないものと考えております。

ネイルが乾くまではインコと触れ合わず、乾燥後も直接かじられたりしないよう、ご留意くださいませ。

また、ネイルをお使いの際に、厚塗りにすると溶剤の揮発に時間がかかりますので、重ねてご留意いただければと存じます。

ネイルが固まる段階で殆どが揮発するとの事…安心しました

このお答えから…

私はこれからもネイルを楽しもう

という結論を出しました

ネイルに関してのまとめ

セルフネイル(一般的なネイルポリッシュ)の場合です

  • インコがいない部屋でネイルを塗る
  • 換気する
  • しっかり乾かす
  • 生乾きの状態の爪でインコに近づかない
  • 厚塗りにするとなかなか乾かないので十分注意する
  • ネイルグッズはインコのいない・来ない部屋に保管する
  • 液体状のネイルポリッシュをインコに近づけない
  • 匂いをかがせない
  • 乾いた状態でも齧らせない
  • 除光液を使う時もインコがいない部屋で

十分注意して今後もネイルを楽しもうと思います

メーカーさんのお返事を読んでも安心できない方もいらっしゃるのではないでしょうか

また私の結論に不愉快な思いをされる方もいらっしゃるかもしれません

人にはそれぞれ考えがあります

色んな考え方があって良いと思います

インコも飼い主もお互いが安全に楽しく暮らせるよう努力していきたいと思っています

ネイルポリッシュ以外に気を付けていること

ネイルポリッシュ以外にもインコにとって危険なものがあります

割とたくさんあるのですが、我が家が主に気を付けているものを挙げますね

  • アロマオイル
  • アロマディフューザー
  • アロマキャンドル
  • お香
  • 蚊取り線香
  • 殺虫剤

上記6種はうちでは使っていません

特になくても不自由しないんです

我が家は水槽でベタ(熱帯魚)とアフリカツメガエルも飼っているので特に殺虫剤は使えません

ゴキブリ退治用の据え置きタイプは、POPが絶対齧る事のない場所に使用しています

ノミ退治した時はペット達に気を付けて薬剤を使いました

犬猫を飼っていないのにノミが家にいた!ノミ駆除に成功した私の体験談!方法と対策
謎の虫刺されの正体はノミだった!犬や猫を飼っていないのになぜか家にノミが侵入!私だけ刺される地獄の日々…どうやってノミを駆除したか、対策や方法、よく効いた薬剤など…ノミとの戦いに勝った私の体験記です

↑夏に向けてアクセス数が増えるのでノミに困っている方たくさんいらっしゃるんだな~と感じます
ほんとに…ノミって怖いですよ~(泣)

  • テフロン加工のフライパン
  • オーブン

換気扇をしっかり回して使っています
使用して今まで特に異常はありません

  • 観葉植物

植物大好きだけど基本ベランダで栽培

たまに飾る切り花などはインコ放鳥時は移動します

エアプランツはあるけど、POPは全く近づかないのでOKかと
(もちろん放鳥タイムでチェックしています)

  • アボカドやチョコなど口にすると危険な食べ物
  • 洗剤など

POPが齧るようなところに置かない

  • タバコ

結婚する前夫が吸っていたけど、止めました

  • スプレー系(ヘアスプレー・防水スプレーなど)

インコがいない部屋で使用しています

私も夫もヘアスプレーで髪を整えるので頭には止まらせないようにしています

  • 鉛筆の芯

たまに息子が折った芯をそのままにしているので厳重注意!

  • 金属(亜鉛など)
  • 塗料

素材を一応チェックしています

嚙んだらすぐに剥がれるような塗料を使っているおもちゃなどは与えない

 

インコは何でも齧ってしまう習性があるので、飼い主が気を付けてあげないといけませんよね

放鳥タイムはインコから目を離さない事を心がけるのが基本だと思います!


今回はネイルとインコについての記事でした

私と同じくモヤモヤされている方もいらっしゃるかもしれない…と思い記事にしました

どなたかのご参考になりましたら幸いです

最後まで読んでくださり、ありがとうございます
ころみ♪でした

ブログランキングにポチっと応援よろしくお願いいたします!
あなたのポチがめちゃくちゃ励みになっております!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
にほんブログ村

コメント

  1. まめの飼い主miyuki より:

    ころみさん、こんにちは~♪
    私も何かでネイルは良くないと読んでからは、ご無沙汰してます。
    メーカーさんにまで問い合わせをされるころみさんを尊敬します!!
    注意点を守ればOKなんですね~

    あと、ハンドクリームも良くないと読んだことがありますが、ご存知でしたら教えて下さいm(_ _)m

    • ころみ♪ころみ♪ より:

      miyukiさん、ブログ読んでくださりコメントもありがとうございます!
      ずっとモヤモヤしていたので思い切って問い合わせてみました(^^)
      モヤモヤが晴れてスッキリしました!

      ハンドクリームは私も聞いたことあります
      実際よく塗りますが、塗った直後はインコを指などに止まらせず、よくすりこんで浸透させれば大丈夫なのではないかと思っています
      今までハンドクリームでインコが具合悪くなった事はありません
      インコと暮らすのは気を使う事も色々ありますが、それを上回る楽しさがありますよね(^^)

タイトルとURLをコピーしました